2017年7月12日水曜日

文京区立小日向台町小学校3年生の俳句教室




文京区立小日向台町小学校3年生の俳句教室です。
茗荷谷の高台にある創立113年の由緒ある学校です。
3年生でしたが、理解力にすぐれた児童が多く、すぐれた作品が黒板を飾りました。

【小日向台町小学校3年生の俳句】

ひまわりがあそぼあそぼとよんでいる

ひやけどめからだたっぷりつけとこう

プールからきこえてくるよわらい声

砂はまでみんな目かくしスイカわり

2017年7月11日火曜日

江東区立深川第七中学校の俳句教室




江東区立深川第七中学校の俳句教室です。
江東区俳句教育の拠点校ですので、特例として全学年で実施しました。
小学校以来の学習の成果を踏まえて作句と選句を中心に句会形式の俳句教室です。
級生になるにしたがって、鑑賞力がついて来
ていることを実感しました。
【深川第7中学校の俳句】

初めての定期考査や日雷

炎天下電車人垣錦糸町

梅雨晴れや登校中の友の声

通学路かけ足でゆく雲の峰

浴衣着た君の姿に目がおよぐ

夏祭り一緒に行くのは男だけ

土用波岩を打つ音風の音

八雲立つ頂あおぐ草の上

テスト前せっかちになるかたつむり

心にも雲ひとつないラムネ色

風見鶏北東南西青嵐

蹴られても動かぬ蟇や犬の鼻

2017年7月3日月曜日

豊島区立千早小学校4年生の俳句教室




豊島区立千早小学校4年生の俳句教室です。
創立80周年を迎えた千早小です。中休みに校庭に出て俳句の種を探しました。
人工芝の校庭の先には飼育小屋があって、木陰に腰をおろして観察しました。
そこから想像した句がたくさんできました。

【千早小学校4年生の俳句】

木のみきで勝負しているカブトムシ

みどりの葉風と友達せみの声

昼すぎにいとこといっしょかき氷

螢みて時の流れを忘れちゃう

夏祭りにぎわいあふれる商店街

豊島区立駒込中学校の俳句教室




豊島区立駒込中学校の俳句教室です。俳句作りの解説をして、2日後に作品を持ち寄り、句会をしました。
話をよく聞き、理解力のよい生徒さんでしたので、素敵な作品が黒板を飾りました。

【豊島区立駒込中学校3年生の俳句】

明易し大の字に寝る旅の夜

夕焼けが私を照らす最後の日

水浴びて流すは汗と恋心

東京の雨には慣れないかたつむり

自転車をこげばこぐほど南風

忘れない日常焼いた原爆忌

2017年6月24日土曜日

江戸川区立西一之江小3年生の俳句教室



江戸川区立西一之江小3年生の俳句教室です。
1年生の時から俳句を学んでいるので、3年生とは思えない俳句が並びました。
 
【江戸川区立西一之江小3年生の俳句】

金魚すくい父もわたしもむちゅうだよ

夏の朝てるてるぼうずさかさまだ

プチトマト赤いお顔はねっちゅうしょう

くさぶえで心の花がさくんだよ

つゆの日に雨がぽつぽつしずんでく

一りん車みんなであそぼつゆはれま

夕やけは人の心を温かく

2017年6月21日水曜日

品川区立戸越台中学3年生の俳句教室




品川区立戸越台中学3年生の俳句教室です。
奈良・京都の修学旅行の作品が教室を飾りました。
どの句も思い出が詰まったいい作品でした。
 
【品川区立戸越台中学3年生の俳句】

夏の空そろそろ動く阿修羅像

風薫る迷路のような朱の鳥居

暑そうだどんと置かれた東大寺

新緑や歴史の旅路さかのぼり

落ち着きと涼しさ運ぶ龍安寺

太陽の暑さに仏像熱を出す

2017年6月20日火曜日

江戸川区立葛西中学3年生の俳句教室




江戸川区立葛西中学3年生の俳句教室です。
修学旅行前に俳句の作り方の授業をして、旅
行後に句会形式の授業をしました。
旅の思い出が詰まった作品が並びました。
 
【江戸川区立葛西中学3年生の俳句】

万緑の中幾千の朱の鳥居

鹿の声夕立のなか掻き消える

夏の山千本鳥居きりもなや

梅雨空の京都の香り握りしめ

新緑がほのかに香る銀閣寺

風鈴の音仏の声が聞こえてくる

朱の鳥居吹き抜けていく初夏の風